現在はLv50までしか上げることができないため、スキル振りは慎重に行わなくてはなりません。
旅芸人のウリはバイオシンとルカニ、ベホイミやザオを使えるという点です。
そのため、ルカニやザオの成功率を上げるために攻撃魔力や回復魔力も重要です。
Lv35~であれば、それを意識して錬金済みのかたりべ一式を揃えるのが良さそうです。

↓こんな感じになります。
ダウンロード (2)
武器は短剣。盾も優秀なのでしっかり上げます。
アクセはスライムピアス、ちからのペンダント、ひらめきのゆびわ、うさぎのおまもりを着用してます。

スキル振りについて
万能な旅芸人を目指す上で大事なのはパッシブと補助技です。(他の職業でもそうですが)
下手に50まで一気に上げるより、各職で少しずつスキルを獲得すると良い気がします。
各職業でのスキル振りは、下記のような感じで行ってます。

戦士:ゆうかんスキル全振り(Lv40で常時HP+30)
武闘家:きあいスキル全振り(Lv40で常時HP+40)
僧侶:しんこう心スキル+盾スキル
魔法使い:まほうスキル+盾スキル
盗賊:おたからスキル+短剣スキル(ぬすむを取った後は短剣に全振りしてます)
旅芸人:きょくげいスキル+短剣スキル(短剣に振るのは7まで。残りはきょくげいに。)

優先順位
キーエンブレム5個目までであれば、各職Lv20程度までで覚えれるスキルを揃えるだけでも活躍できます。
6個目以降でLv35以上が推奨になってくると、短剣や盾スキルもしっかり上げないと火力や守備が物足りなくなります。
カミハルムイやドルワーム、ラスボスなどになるとLvは40以上、HP+30とHP+40もとってHP+70を目指しましょう。
痛恨で200弱食らったりするので、即死してしまわぬよう必須になってきます。
盾スキルで守備+30も取れば、防御力も230程度が見込めます。そのへんにいる戦士よりも硬いです。
下手に旅芸人のLvを50にあげるのではなく、まずはHPから狙っていくと良いと思います。
ハッスルダンスよりもまずは生存することが優先です。

ボス戦での立ち回り
戦士がいるなら、まずは戦士にバイオシン。次にルカニが効くようならルカニをかけていこう。
それぞれ重ねがけが効いたら、次は自分にバイオシン重ねがけ⇒キラージャグリングという流れが良いでしょう。
攻撃力が150以上あれば200以上のダメージを見込めたりするので、そのへんの戦士や魔法使いよりダメージを出せたりします。
仲間が火力不足の場合は自分でどんどん攻撃した方が良いケースも。
複数いるケースはおたけびやボケ、怒ったら状況に応じてロストアタックなど、臨機応変に立ち回ろう。
僧侶の回復が間に合っていない場合は回復のサポートも大事です。
僧侶は回復で手一杯になることが多いので、僧侶のMPにも気を配ってあげると良い。

何でもこなせるのが旅芸人を操作していて楽しい部分ですね。
大変な下積みの成果を思う存分発揮しましょう(´∀`*)

そしていつかスーパースターになれる…のかな…?